CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS#0
LINKS#1
LINKS#2
PROFILE
OTHERS

with Renaissa

バイクと過ごす日々
 no bike, no life.
2019全国4DNミーティング【番外編】

#吉例の道中記です(汗

 

今回は開催が3連休の真ん中ということで、前後とも丸一日移動日に出来る・・・という誘惑に駆られて『陸路のみの移動』にチャレンジです。

 

前日(7/13)

 

朝7:15に出発。前日まで何の準備も出来ていないまま、6:00に起床して慌てて用意して飛び出す(案の定いくつか「忘れ物」をしている)。

大分IC直前の西の台で給油。一応ここでトリップをリセットする。7/13は移動中ずーっと雨だったので写真が撮れているのはここだけ。というかこの3日間まともに撮ってない(苦笑

 

宿泊は小牧にしたので、大分ICから「一度も高速を降りずに」直行します。苦手な関門橋も渡ります。東九州道から中国道、山陽道、新名神、名神と走ります。往路の給油ポイントは、美東SA, 福山SA, 三木SA, 草津PA。

 

・・とキッチリ下調べして走っているのも関わらず、中国道から山陽道への分岐でミス(調子に乗って追い越し車線をかっ飛んでるからだよ)。広島北JCTから広島自動車道経由で山陽道に戻る。

 

福山SAで13時を回っていたので昼食。

 

神戸JCTからの新名神は初めて。「ほうほう」と感心しながら走る。高槻JCTから名神への予定だったけど、名神で事故渋滞の掲示が出ている。「あらあら」と思っていたら、GoogleMapが(渋滞を加味して)別ルートを提示してくる。なかなか賢い。けどあとで「どこをどう走ったのか」がさっぱりわからない。これは個人の資質の問題だけど(=私がアタマ悪いってだけ)。

 

自宅を出発して12時間後(19時過ぎ)に小牧到着。どこかで止むかなと思っていた雨は、結局全行程で本降り(小雨レベルはほとんどなし)。土砂降りにならなかっただけマシかな。

 

  走行距離:856.2km

 

 

当日(7/14)

 

小牧から磐田まで東名を130kmくらいの距離。浜名湖SAで休憩していたらSRVが!カツキさんでした。「Twitterで見た」感が強かったのでTwitter関連で挨拶したのですが、よく考えたら去年の東海・関西合同ミーティングで会ってました(Twitterの写真でも「見たことあるよなぁ」とは思ってた)。

 

到着前に磐田インター近くのファミマで昼食。ついでに昨日の雨中走行でマフラーなどが酷い状態だったので落とせる汚れだけは落としてコミュニケーションプラザに向かう。

 

#ミーティングに関しては別記事で


ミーティング解散後、16:30過ぎに磐田を出発。浜名湖SAを過ぎたあたりでまたも雨。慌ててレインスーツを着こむ。その後雨が止んだのでレインスーツを脱いだけど、小牧直前で小雨。結局そこそこ濡れることに。

 

  走行距離:265.8km(累計:1122.0km)

 

 

翌日(7/15)


今日くらいは雨に遭わずに走りたい・・・と思いつつ走りだす。

 

友人から頼まれた赤福(土産用の8個・12個入じゃなくて銘々箱という指定)を買うためEXPASA御在所(東名阪道上り線)に寄る。上り線なので、四日市ICでいったん降りて折り返すという必殺技です。9:25に到着。

ところがEXPASA御在所自体は(当然)開いていて土産用の赤福もあるのですが、銘々箱は「赤福の店舗」でしか売っていない&開店が10:00。仕方なく時間を潰して開店を待つ。

 

#そごう神戸店とかにも店舗はあるんですが、立ち寄ると

#時間ロスが30分では済まない。

 

ついでに会社用の土産もここで買う。赤福は日持ちしないので御在所スイートロール。静岡(磐田)まで行ったのに土産は三重(伊勢というか四日市)。まぁ大分県人にとってはどっちも大差ない(暴言)。

 

新名神を「山」に向かって行くときに雲が厚くて「あの下は降ってるだろうな」と思いつつ進む。でも長いトンネルを出たら雨雲の向こう側に出た(ラッキー)。お昼前に新名神の宝塚北SAに寄ったらすごく綺麗でびっくり。しかもいかにも『宝塚』っぽいイメージで。トイレに立ち寄っただけなのに、トイレから別物だった(汗

 

帰路の給油ポイントは、御在所SA, 三木SA, 吉備SA, 下松SA。下松から250km以上無給油の予定。淡々と距離をこなすけど、左膝が痛んでくる(ほぼ持病)。

 

14時前に吉備SAで昼食(たこ唐塩焼きそば)。その後広島・山口県内を通過しているときには右側(山側)の雲が濃くて「どっかで降り出すのかなぁ」と思いつつ走る(結局、この日は最後まで降られずに済んだ)。

 

下松SAで(高速での)最後の給油が17:00。徳山からスオーナダフェリーに乗ろうにも、16:40はすでに出ているし次の便は21:20(竹田津着が23:20)。この区間はよほどいいタイミングでないと(というか予め狙っておかないと)走れる時間帯は陸路を走った方が早いんですよね。乗船待ち+フェリー2h+竹田津からの陸路(1h30m以上確実)よりは下松SAからで340km(所要時間4h)走ることになります(奥大山のときも帰りは陸路の選択になったなぁ・・・)。

 

日が暮れる頃に関門橋を渡って九州に。北九州JCTから東九州道へ。別府湾SAが19:45。フードコートで肉うどん(下りで別府湾SAに寄ったら必ず食べてる気がする)。別府湾SAを出て大分ICに向かう途中でRES.に切り替え。

 

  走行距離:857.4km(累計:1979.4km)

 

 

雑感

 

今回はいろいろとチョイスを間違えた気がする(いや、間違えてる)。

 

丸一日の雨中走行でブーツ(AvirexのTigerだった)は中までぐっしょり。許容レベルを完全にオーバーしてました。普段なら雨中走行は長くても2時間くらいだし、そもそも往路での雨はあまり考慮しない(Q4DNミーティングは基本的に雨天延期)。こういうときこそブーツは完全防水(ゴアテックスブーティ)を選択すべきだった。


あと「防水透湿のCTXライナー」が売りだったCTXツーリンググローブはアウトだった。初日の途中で雨が浸透してきて結果的に中までぐっしょり。で、一度濡れるとちょっとやそっとじゃ乾かない。雨の心配がない(あるいは降られたとしても一時間程度とかの)冬季限定の防寒グローブとしての用途限定が決定しました。まぁこの時期ならネオブレーンのグローブの方がベターだった(安いし)。

 

また出発前日までの大分が滅茶苦茶な暑さだったのでメッシュジャケットで出たけど、どうせレインスーツ着るなら春ジャケでもよかったかな。メッシュジャケットだと小雨程度でも慌ててしまう。

 

 

一日の走行距離は、奥大山に行ったときの891.4kmには届かず。でもあのときは夜中に出てギリその日のうちに帰り着いたという「24時間かけて走った」距離だったので、真っ当な一日の移動距離としては最長不倒になるかもしれない<857.4km。というか初日も856.2kmだけど自宅から西の台まで6km以上あるんだった(汗

 

#次回はもうちょっと手前で泊まるかフェリーを併用しようと思った(小並感)。

 

ちなみに全行程での燃費は大分ICを降りてすぐの給油所(西の台)までの1973.3km/65.36L=30.19km/L。ほとんどかっ飛んでいた(ぬぬわ~ぬふわkm/hあたりでの巡行+追い越し時にMaxふあわkm/h)割には良燃費になったと思う。ぬわわkm/hで巡行すればもうちょっと良くなるかも。

| うろちょろ | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
PeaceRide 2018

10/6(土)開催予定が台風接近のため延期になっていた『PeaceRide 2018』。ようやく開催されました。


朝、7:30に出発。戸次のローソン前を8:00に通過するいつものペース。ウィンターグローブの防寒テストはOK。

と思いながら朝地から竹田と走って菅生に向かっていると後方から『音』が。何と!GIVI箱(E43NTLD)が外れてしまいました。出発時に「カチッ」とセットしたつもりだったんですが、弱かったのか何なのか(謎)。後続車がいたり、高速道路だったり、崖下に落ちたりという状況ではなかったのが不幸中の幸いですが、GIVI箱の外装慣らしがあっという間に終わっちゃいました(涙

 

その後は順調に高森経由で南阿蘇へ。開場の10:00には着くペースだったんですが、グリーンロード南阿蘇からアスペクタに曲がったところから大渋滞。第一駐輪場が満車で下の第二駐輪場へ停めて開場まで歩いて登る。

 

 

ひばりカフェが出張ってきてたのでチーズ入りウィンナーを食べて散策して記念写真を撮って帰る。来た道を帰るのもアレなので、やまなみ経由で(GT-601を履いてから、低速コーナーやグルービングが以前ほど怖くないので)。

 

#でも他車のペースと比較すれば「ノンビリ」ってことになるのかな(苦笑

| うろちょろ | 10:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
東海関西4DN合同ミーティング2018【旅情編】

東海関西4DN合同ミーティングが開催されるというので、ちょっと行ってきました。いつもの「さんふらわあ」。弾丸フェリー+バイクです。

 

出発当日。朝からバタバタして『ミーティングに行くというのにまともに洗車する時間も取れなかった』のは痛恨の極み・・などと愚痴っても仕方ないので荷物をGIVI箱に押し込んで西大分港へ。

 

#時間があったら洗車できたとは言っていない<ぉぃ

 

今日の船は(というか帰りも)さんふらわあごーるど。すでに「積み込み」が始まっています。

二輪も多いのですが、ほとんどが大阪とか神戸とかさらに遠方とか。大分どころか九州近県のナンバーもほとんどいません。たしかに「金曜の夜に出発して、土曜に走って、日曜の朝に帰り着く」のが普通ですよね。月曜の朝に帰り着いて仕事に間に合うという方が珍しいでしょう。その点だけは大分に住んでいてよかったと思います。

 

例によって乗船するや否やレストランで夕食+ビール。落ち着いてから風呂に入って早めの就寝です。翌朝も風呂に入るから往復(二泊)で4回入るんですよね。どれだけ展望風呂が好きなんだよ(苦笑

 

 

三重県四日市市の富双緑地公園は六甲アイランドのフェリーパースから2時間〜2時間半の距離(@GoogleMap)です。さんふらわあでの二輪は四輪が降りてからしか出られないので、何時に出られるかは時の運。今回は幸い8:15に下船できました。

 

GoogleMapの所要時間だと名阪国道(R25)でも名神・新名神コースと比べて10分くらいしか変わらない(名阪の方が少し所要時間がかかる)のですが、その10分を不案内な道で「走って削る」のは至難の業。そもそも10時集合には遅刻前提ですが少しでも取り戻すべく往路は名神・新名神を走ります。名神は交通量も多くペースが上がらずやきもきしましたが、新名神に入ってからペースアップ。快晴だし順調に走ります。亀山JCTで東名阪へ、四日市JCTで伊勢湾岸へと分岐して「みえ川越IC」で降りたら目的地の富双緑地公園はすぐ。10:35到着。途中トイレ休憩2回(大津SAと御在所SA)を考えれば上出来かな。

 

ミーティングの模様はmtg編で(とはいえ大したレポも書けませんが)

 

ミーティング終了後、今度は名阪国道で六甲アイランドを目指します。走行距離が200kmを越え、給油しておかないとと思いつつ伊賀SA(道の駅いが)に寄りましたが、なんとSSが休業中。他にはスタンドないよなぁ(事前Wiki調べ)と思いつつ走っているとリザーブに(汗)。やむなく上野東ICで降りて給油(とはいえ降りてすぐのSSで給油して、またすぐR25に復帰なんですけどね)。

15時を回ると多少冷えてきたので、高峰SAで半袖Tシャツを1枚着込む(ここまで春物ジャケットの下はロンT1枚だった)。

名阪国道の帰路で苦手だった「下りコーナーにグルービング」の箇所もほとんど気にならずに通過。GT601の恩恵かな。

 

大阪市内ではけっこう渋滞が多くなっていてGoogleMapがに渋滞情報が出たり経路変更があったりします。分岐を間違えて3号神戸線に入ってしまい10分くらいロスしましたが、最終的にはお馴染みの5号湾岸線で(苦手だった東神戸大橋を通って)六甲アイランドへ。大分よりも少し暮れるのが早いので(体感的として)遅い時間に思えて慌ててしまいますが、18時の乗船には余裕で間に合いました。

 

東京は暮れるのがもっと早くて明らかに「違うなぁ」と思った(小並感)。

 

月曜の朝、さんふらわあを降りて自宅最寄りのセブンでコーヒー&一服してから帰宅。着替えてすぐに出社です。ちょっと濃い週末でした

 

| うろちょろ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
YAMAHA Motorcycle Day 2018

ということで行ってきました。YAMAHA Motorcycle Day 2018

 

神戸までのアシは『さんふらわあごーるど』。19:30に出航して翌朝7:55到着です。とりあえず船内レストランで夕食。私はバイキング形式って元が取れないタイプですが、船内レストランで「生ビール」が呑みたいというだけの理由でレストランへ。テイクアウトメニュー(もしくは持ち込み)+缶ビールで済ませれば安上がりだけど、たまの贅沢で「いつもと違う」感に浸りたいので(苦笑

 

風呂に入ってダラダラとTVを観て(BS11でMOTORISEが観られたのはラッキー)明日に備えて就寝。

 

 

神戸(六甲アイランドフェリーパース)に到着。着岸して車両甲板に降りて四輪の下船を見送ってから徐に二輪の下船です(8:20前後だったと思う)。GoogleMapをセットして一路淡路島へ。心配していた明石海峡大橋も無事に渡る。そこそこ広いので怖さはない。風が強かったら怖いんだろうけど、幸い微風状態。2か所ほど(橋脚のとこですね)長い継ぎ目があったけど問題なし。タイヤ(GT-601)の恩恵なのかな?

 

9:30過ぎに淡路ワールドパークONOTOKOに到着。「神戸ナンバーのルネッサがいる!」などと思いながら受付へ。事前エントリーの記念品を受け取り、記念Tシャツを買い、出展メーカーのブースを冷やかし、YAMALUBEの軍手をもらい、ディスカウントされていたYAMAHAマークのタオル・ハンカチ(ハンカチは今治タオルだった)を買い、何故か(一人で)記念写真を撮ってもらいました(苦笑

 

 

空模様が怪しいので早めに昼食を終えて神戸に戻り、いつもは走れない神戸市内を走って多少なりとも土地鑑を養う。いつも六甲アイランド出てから目的地へ一直線なので周辺がよく理解できていなかったので(汗

 

19:30出航の『さんふらわあごーるど』で大分へ。

| うろちょろ | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
中四国ミーティング@奥大山 旅情編

さて、今回は道の駅奥大山でございます。鳥取県です。行ったことがありません。山陽道はお馴染み(特に徳山東から広島方面)なんですが、中国道は何が何やらです。

 

私の予定はお知らせのときに書いたとおり往路はスオーナダフェリーを利用。復路は6月開催なら陸路Onlyだったんですが(天候及び諸般の事情により)7月を通り越して8月に順延になったので、帰りも最終便(徳山21:20発)が運航してくれています。とはいえ徳山での待ち時間が無駄だし(ひとつ前の16:40には間に合わない)帰着が確実に午前様(1:30前後)になるので解散の時間次第ですね。順延を繰り返した結果、日曜開催で翌日が仕事なので・・・

 

#土曜日開催だったら(どうせ翌日休みだし)徳山でのんびりして

#あとはフェリーにおまかせがいいんでしょうけど

 

 

いつもどおりの1:30出発で竹田津港を目指します。真冬(一定時間おきに休憩しなきゃ凍えてしまう)じゃないので楽々~と思いつつ走っていると、GoogleMapが県道31号へ誘導する。「時間に余裕があるし、こちらから行ってみるか」と入ってみたのが運の尽き。

 

険道レベルじゃなくても田舎の県道は「夜中に初めて走る」のは避けるべきですね。街灯がないので(街じゃないもん)コーナーの大きさがわからないまま右へ左へ振り回されることになりました。走ってたら鹿も出てくるし(記憶にあるだけで5頭に遭遇)。コンビニも自販機もない真っ暗な道を走って、やっと自販機があったコンビニがあったと思ったらほどなく竹田津港に到着(苦笑

 

 

日曜の早朝(未明)の便なのにトラックも乗って自家用車が4~5台乗って夏休みであろう学生さんが2名自転車で乗船。客室に入って「さぁちょっと仮眠しておこう」と思ったきり記憶がないほどぐっすり寝ちゃいました。起きたら到着15分前。急いで起き上がろうとして足を攣りそうになる(汗

 

#先が思いやられるなぁ・・・

 

下船した段階でそこそこ暑い(冬は真っ暗なのに)。徳山港からR2経由で徳山東ICへ。すっかりお馴染みのコースです。

 

広島JCTで山陽道で別れを告げ中国道へ。新見ICで降りてR180→R181と走って道の駅奥大山に到着。jirizonovさん、asamiさんもお待ちかね。参加表明があったためどんさん、アイリスさんの島根勢もすでに到着されています。私が到着直前にローソンに寄ったとき、抜いていったSRVがひげめがねさん(@岡山)だった模様。

 

#本編であるmtg編はこちら

 

解散は13:30頃。16:40のフェリーには間に合わないし、21:20では時間が余り過ぎる。明日も仕事なので出来れば今日中に帰り着きたいといおうことで陸路で戻ることに決定。500kmを10時間かけて帰ればOKなのでSA・PAに立ち寄りながらのんびりと。中国道を堪能します(違

 

下関ICで降りて関門トンネルへ。さすがに熱気がすごいことになっていた。門司ICから北九州JCT経由で東九州道へ。この頃になるとお尻が痛くなってくる。座りっぱなしですからね。MGMスタジオさんで予備のシートを「低反発ウレタン」仕様で張り替えようと決意した瞬間です(苦笑

 

#ちなみに本日の走行距離は891.4kmでした。

#自分で計算して笑っちゃいましたww

 

| うろちょろ | 01:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
PeaceRide2017

今年で10回目だそうです>PeaceRide。私が初めて行ったのは2010年。SRV(4DN1:緑)での参加でした。

 

8:00に出発。10:00には高森あたりを通過して「10:30には着くな」と思っていたらこれが大誤算!入場待ちの渋滞が延々と繋がっている!ほぼ毎年参加してますが、こんなのは初めてです。まぁライダーは待ってるだけだからいいけど、スタッフさんは大変だろうなぁと思ってしまいます。

 

駐輪場に着いたら11:45。

こちら側はいつもと変わりないように見えますけどね(汗

 

とりあえずステッカーを購入。一服していたら、スタッフさん(ちょっと偉い感じの人?)がいてちょっと話す。嬉しい悲鳴というか苦情に追われている模様(高森署からも問い合わせがあったとか)。10回目の節目だしある程度は予想していたけど、さすがにここまでの多さは想定外のようです。来年の開催は大丈夫なのか?と心配してしまう。来年も是非やってくださいね>スタッフのみなさん。

 

| うろちょろ | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
関西4DNミーティング in 吹田SA【番外編】

去年の冬が延び延びになって今年の3月に開催されたので、あまり久しぶりという気もしない関西の吹田ミーティング(どんなマクラだよ>自分)。まずは吉例により番外編(と言う名の道中記)です。

 

#とは言うものの、すっかり恒例行事になってしまったので

#道中記も書くことがなくなってきている(汗

 

前回の記事を書いた時点では行けるかどうか微妙・・というより行けそうもなかったのですが、バタバタしているうちに「何とか行けるか」となって、勢いで(ほぼ勢いだけで)行ってきました。

 

ずっと週間天気予報で降水確率が50%で「これは延期になるかなぁ」と(金欠病を発症していたこともあり)フェリーの予約に二の足を踏んでいたのですが、日頃の行い(誰の?)のお陰で直前になって30%まで持ち直し!思わず前日に予約いれちゃいました。プライベートベッドに空きが出来てた(スタンダードの個室にしなくて良くなった)のも後押し。これで準備完了ですが、当日になっても「本当に行くのかなぁ」という感じ。事前に悩みすぎたからなのか、なんか現実味がありません。仕事から帰って16時過ぎまでウダウダして、それから気合いを入れ直して出発。

 

「冬」ということで、いつものジャケット(DS-009)を着たんですが自宅を出発する時点で暑い。慌てて薄手のジャケット(YAS28-K)に着替える。「この時期に春鮭?」と思うけど、暑いものは仕方ない。曇天の日の夕方で暑いんだから晴天になって正午前後とか悲惨なことになりますからね。もちろん保険としてインナージャケット(防風防水・2層仕様のRSU264)は持って行きます。

 

西大分港で乗船待ちしている図。春は明るかったけどこの時期は真っ暗ですね。私の他には多摩ナンバーと所沢ナンバー。彼と彼女の模様(羨ましい)。

 

ここで予約に難儀した原因が判明。大分トリニータの試合(とりぎんバードスタジアムで明日13:00キックオフのガイナーレ鳥取戦)の応援に行くサポータがたくさん乗船していました。明日勝てばJ3優勝。つまりJ2に自動昇格です。応援ツアーはバス2台でさんふらわあ&神戸から鳥取へ行って帰りは陸路という行程だそうです(日豊バスの運転手さん談)。さらに応援ツアーとは別に四輪に乗り合わせで鳥取に行くというサポータもたくさんいます。念願のJ2昇格がかかった試合ですからね。

 

#私も一応は12番のユニ持ってるけど、今回は優先順位が(汗

 

乗船してまずは夕食(with 生ビール。金欠病なのにこれだけは外せない)。電波が届いてるうちに掲示板をチェック。開催の方向みたいだけど確証が・・・。まぁ大丈夫だろうと思いつつ風呂へ。予定どおり開催との書き込みに一安心したのは21:30過ぎ(汗

 

 

翌朝、定刻に神戸港(六甲アイランド)着。今回は下船待ち20分。さんふらわあはバイクを船首側に停めるので、船尾から降りる神戸港では大型トラックが全部出て行ったあとになるんですよねぇ(逆に船首を開ける西大分港では先に降りることになります)。

 

下道を走って吹田まで。GoogleMapの案内に従ってR43からR171へ。武庫川(甲武橋)を渡る直前の気温表示が17℃。暖かいわけですね。吹田から名神高速に入って吹田SAへ。しまった。早く着きすぎた。何度来ても所要時間が読めません。名神高速に入るタイミングを一度パスすると後が怖くて、入れるときに(目の前に名神への入り口が見えたときに)入ってしまいます。

 

#ミーティングの模様は次の記事

 

15時半過ぎに離脱させていただいて、若干の寄り道をしつつ(苦笑)神戸港へ。掲示板に無事乗船の書き込みをしてノンビリする。時間も早くお腹も空いていないので、夕食は後回し。日曜の便(特に大分行きは・・だそうです@さんふらわあの中の人)大型トラックも少なくて閑散としています。一般の乗客も多くはないので、乗船と同時に行かないとレストランが混雑する(長蛇の列に並ぶ)ということもありません。明日からの仕事に備えてゆっくり出来ます。

 

翌朝。珍しく少し(5分ちょっと?)だけ延着。心配していた雨も降っていない。6-12の降水確率が70%だったんですよね。まぁ0-6が10%だったので昼前に降るんだろうとは思ってましたが。帰宅直前にセブンイレブンでコーヒーを飲んで一息。現実逃避の旅が終わりました(ぉぃ

続きを読む >>
| うろちょろ | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |